特許出願(特許申請)は、技術的なアイディアである発明に関する権利取得業務です。

特許出願(特許申請)

特許出願(申請)10万円

特許出願時の弁理士費用は、10万円でお受けいたします。当事務所は、業務の品質向上や改善を図りながら、間接費の削減に取り組むことにより、品質を確保した上で、弁理士費用の低価格化を実現しています。

特許出願(申請)の成功報酬無料

当事務所は、特許出願の成功報酬はいただいておりません。当事務所は、業務量に応じた弁理士費用を請求させていただくことを心がけています。

特許出願(申請)の審査請求料の軽減手続が無料

特許出願の出願審査請求時に、特許庁に納付する出願審査請求料(特許庁印紙代)は、最低でも、12万2千円と高額ですが、出願人が中小ベンチャー企業や個人事業主の場合には、出願審査請求料を1/3に軽減することができます。当事務所は、この軽減措置を受けるための申請手続を無料で行います。なお、軽減措置を受けることができる要件や内容などの詳細については、特許庁ホームページをご参照下さい。

特許出願(申請)の早期審査の手続が無料

特許庁に出願審査の請求を行った後、審査結果が通知されるまでには、通常、2年半程度の期間を要しますが、出願人が中小企業や個人の場合には、早期審査の申請をすれば、審査結果が通知されるまでの期間を、2〜3ヶ月程度に短縮することができます。当事務所は、依頼者の早期権利化のニーズに応えるため、特許出願の早期審査の申請手続を無料で行います。

特許出願(申請)における主な取扱分野

  • 電気・電子工学
  • 機械工学
  • ビジネスモデル特許・ソフトウェア
  • 日用品・生活用品
  • アイディア商品

特許出願(特許申請)の費用・料金

特許出願(申請)時に要する費用

弁理士費用100,000円
特許庁印紙代14,000円

特許出願(申請)の審査請求時に要する費用

弁理士費用10,000円
特許庁印紙代118,000円+(4,000円×請求項数)

例)請求項数1の場合、特許庁印紙代122,000円

中小ベンチャー企業や個人事業主の場合には、出願審査請求料の軽減の申請を行うことにより、特許庁印紙代を1/3に軽減することができます。当事務所は、この軽減措置を受けるための申請手続を無料で行います。
例)請求項数1の場合、122,000円 → 40,660円

設定登録時に要する費用

弁理士費用10,000円
特許庁印紙代6,300円+(600円×請求項数)

例)請求項数1の場合、特許庁印紙代6,900円

なお、特許出願の出願審査の請求を行った後、特許庁から拒絶理由が通知された場合には、弁理士費用(意見書・補正書作成費用)として、拒絶理由の内容に応じて別途50,000円の費用を請求させていただく場合があります。

特許出願(特許申請)の方法・流れ

特許出願(申請)のご相談・ご依頼

当事務所弁理士が、特許出願に関するご相談・ご依頼をお受けいたします。

特許出願(申請)の出願書類を作成

ご依頼の内容を踏まえた上で、特許出願の出願書類を作成いたします。

特許庁に特許出願(申請)

出願書類をご確認いただいた後、特許庁に特許出願を行います。

特許出願(申請)の審査請求

特許出願の審査を開始させるためには、出願審査の請求を行う必要があります。

通常は、出願審査の請求の後、2年半程度で審査結果が通知されます。出願人が中小企業や個人の場合には、早期審査の申請をすれば、審査結果が通知されるまでの期間を、2〜3ヶ月程度に短縮することができます。

なお、出願審査の請求は、特許出願から3年以内に行う必要があります。

特許出願(申請)の審査結果の通知

特許出願に関する審査の結果、特許査定が通知された場合には、特許料を納付することにより、特許権が発生します。これに対して、拒絶理由が通知された場合には、補正書及び意見書を作成して特許庁に提出することにより、審査官の指摘に反論します。

お問い合わせ先

小原特許事務所

東京オフィス
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目7番10号 虎ノ門ニューファッションビル2階
TEL:03-6869-8284 FAX:03-6869-8285

名古屋オフィス
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目17番13号 名興中駒ビル2階
TEL:052-938-3542 FAX:052-938-3543

当事務所は、東京と名古屋に拠点を設け、日本全国対応しています。
ご相談は無料でお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。